ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

発達障害には漢方も効く

あまり知られていませんが発達障害の諸症状は漢方薬による治療でも緩和できます。
例えば、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)は、発達障害、統合失調症などに
しばしば使われる漢方処方です。


過敏、神経質、対人恐怖、視線恐怖、人からどう思われているかという不安、
これらの症状は、漢方的には五臓論でいう肝の失調ととらえます、
これを整え、癒すのが、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)なのです。


柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)は、虚弱傾向、うつ傾向があり、体力や
気力が低下している人で、過敏、神経質、対人恐怖、視線恐怖、フラッシュバック、
聴覚過敏による不眠などがあるときに使われる漢方処方です。


柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)は、発達障害にはしばしば使われる漢方処方で、
過敏、神経質、対人恐怖、視線恐怖のほか、過敏性腸症候群、神経性胃炎、
などの消化器症状が出ているとき効果的です。
アスペルガー症候群にもしばしば使われます。


抑肝散および、抑肝散加陳皮半夏の二種類の漢方処方は、
神経が高ぶりやすい人にむいています。いつも怒っている、イライラしているような人です。
ADHDタイプにはこの症状になる人も多く、この興奮性を鎮める効果があります。
妄想や強迫観念などを鎮める作用もあります。


このようにさまざまな漢方処方がこのほかにも多数あり、微細な症状の組み合わせの特性を
判断して、最適な処方を服用することで、効果を発揮します。
このような漢方診断ができる専門医にかかることが最善です。


保険診療で漢方エキス剤を処方している医療機関も多いので、まずは、東洋医学、漢方に
詳しい医療機関を探すことから始めてください。


このように脳機能を改善するのに、漢方薬が活躍していることはあまり知られていません。
ADHDなどの発達障害によいことがわかってきているピクノジェノールもまた、
フランス海岸松という松の樹皮から抽出される天然成分です。


漢方薬も生薬つまり薬草の樹皮や根茎や葉から作っているものですが、
ピクノジェノールのほかにも、まだまだ知られていない有効成分が複数存在している
ということは間違いないことです。


 

発達障害には漢方も効く記事一覧

漢方で発達障害が治るのか

内海聡さんは、もともとは漢方を使いこなす内科医として病院の東洋医学科で医療活動をしておられました。漢方の外来には精神科でたくさんの処方をされているむずかしい状態の患者さんや、発達障害の患者さんもこられ、漢方薬を併用することで、精神科の薬を少しでも少なくすませることができるように日夜活動をしてこられま...

≫続きを読む

スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事