ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

発達障害と依存症の関係

発達障害をかかえる人は、パチンコ依存症になりやすいという特徴があります。
パチンコに限らずさまざまなゲーム依存症、ギャンブル依存症、薬物依存症のリスクが高くなります。
母親がパチンコに七時間も興じ、そのあいだ、自宅マンションに3才の長男と生後1か月半の次男を
置き去りにし、七時間後に次男は死亡した事件がありました。
布団が頭からかぶせられていたためだそうです。


依存症にかかると、このような行動をしてしまうことがあります。
三十歳の母親は重過失致死容疑で子供を見守る義務を怠ったことを罪に問われました。
この状態は「パチンコ依存症」であるといわれています。


パチンコ依存症は昨今流行のパチスロという機械の持っている光と
音声の波状の刺激が脳内を洗脳して、中毒性を持たせて、何十万もお金を使わせてしまう病気です。
法的にはまだ規制されておらず140万人をこえる国民が、
パチンコ依存症およびその患者をかかえる家族として苦しんでいます。


第一次安倍内閣で、パチンコ依存症を含めた業界への問題点の改善のため、
税務調査を繰り返したり、厳しい姿勢で対処したために、業界の反発をくらい、テレビ局各社は
業界をスポンサーにもつゆえに安倍晋三総理へのネガティブキャンペーン報道しました。


その結果、体調を崩し、持病の潰瘍性大腸炎が悪化して辞任に追い込まれました。
テレビ局各社は、安倍晋三氏への偏向した悪口の報道をさかんに繰り返していました。


よく動物愛護運動をしたり、販売用ペットの犬などが殺されるのを
悲しんで保護しようという活動をしたりする人がいますが、それは悪いことではないです。
動物のためのシェルターづくり、それはしないよりはしたら良いでしょう。
ですが、もっと他にすることがあるだろうと考えます。


日本の国を見ても救うべき人や集団や社会の在り方などが無数にあるし、
世界規模ではもっともっと救われるべき人々の集団があり、社会の歪みがあります。
人間の救済運動を後回しにしてペットの犬や猫を愛護することに貴重な時間とお金を
そそいでいるのは、順番が違うのではないかと思います。


 

スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事