ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

発達障害の子供にも催眠暗示療法は効果がある

発達障害をもっている子供は、思春期になると、扱いが難しくなります。
子供の扱いに日夜、苦慮している母親が多いです。
しかし、発達障害のもつ、忘れ物が多いとか、考えが狭くて融通が利かないなどの特徴を少しずつ、改善する方法はあります。


「言ってきかせる」のですが、普通にそれをやっても、口論になったり、子供がパニック状態になって、キレてしまったりします。
子供の意識下に働きかける暗示療法が最適なのです。
母親がそれをマスターすることで、子供を育てることがずっとラクになりますよ。
詳しくはこちら⇒ 家庭でできるヒプノセラピー


ピクノジェノールといえば、人の健康食品であり、ADHDやアスペルガー症候群などの
いわゆる発達障害の子供が飲むと、興奮を沈め、気持ちを安定させて、
集中力が出て、落ち着くようになるとされています。


ピクノジェノールの作用を活用した健康食品を入手することは日本でも簡単になりました。
脳の機能を安定させることで、発達障害やADHDの子どもの気分を落ち着けることが
わかってきて、医療分野にも応用されているピクノジェノールは、フランス海岸松の樹皮由来です。


これを犬にも摂取させると人間と同じように、落ち着きを取り戻すことがわかってきたのです。
注意欠陥多動性障害の子どもがピクノジェノールをサプリメントとして服用して、
落ち着きを取り戻して、安定することが知られています。


その効果を犬でも実証し、犬のためのサプリメントとして、発売されたのが、スケアクロウ・パンフェノンです。
落ち着きのない犬にこれを飲ませると、落ち着いて飼い主の命令に従う賢い犬になると、
今、ペットショップでも、動物病院でも、話題になっています。アレルギー体質も改善されるそうです。


ピクノジェノールは、もともとは動脈硬化や心臓病、糖尿病などの改善のために
人のサプリメントとして使われてきたものです。


そのため、犬の老化による心臓病などにも、このサプリは使えます。
ペット犬のアンチエイジングにも使えるサプリなのです。
ピクノジェノールというのはフランス海岸松という植物の樹皮エキスなので、天然の成分ですから、安心です。


 


スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

暗示療法と発達障害関連ページ

引きこもりと発達障害
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
ネグレクトと発達障害
ネグレクトなどの与える発達障害への悪影響について。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事