ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

虐待やネグレクトが自閉症スペクトラム障害に与える悪影響

虐待やネグレクトを受けると、社会性の発達が障害され、
自閉症と類似の症状が出ることがわかっています。
一方で、発達障害がある子供は親による虐待やネグレクトを受けやすいこともわかっています。


そして、発達障害があったから虐待されたのか、
虐待されたから、ADHDやAS(アスペルガー症候群)などの
発達障害が発症したのか、厳密にはわからないのです。


多くの専門医は逆もまた真なりと考えており、
幼児期の親による虐待や育児放棄(ネグレクト)は大きな問題になっています。
虐待に抵抗する意欲を失い、甘受する状態になると、被虐待児症候群と呼ばれます。
この結果、解離性同一性障害、摂食障害、人格障害、依存症などの問題をおこします。


ADHDやASを治療するには、病気に対する自覚が大切です。
というのは、ほとんどの発達障害の人は、自分の問題行動や精神疾患は、
自分の性格あるいは家庭環境のトラウマのせいだと思っています。


そして「どうせ自分はダメ人間だ」とか「親のせいでこうなった」
と、とかく責任を何かに転嫁して、改善しようとしません。


そこでまず、脳の発達がアンバランスであることを知らせ、適切な
カウンセリングで思考の癖を修正したり、治療を受ければ、
改善するものなのだと、理解させることが先決です。


多動性や不注意や協調運動の障害には、ピクノジェノールが
健康食品として、よいこともわかってきています。



 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

ネグレクトと発達障害関連ページ

引きこもりと発達障害
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
暗示療法と発達障害
発達障害の子供の行動を改善させる声のかけ方

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事