ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

発達障害はゲームやパチンコに依存しやすい

発達障害のことを、PDD(広汎性発達障害)ということもあれば、ASD(自閉症スペクトラム障害)ということもあります。これはどちらも同じ概念と考えてほぼ間違いありません。またADHDはこれとは別の概念ですが、多くのPDDは、ADHDの症状を併存させていることもわかっています。これらの発達障害の人の特徴として、同じことの反復を好むというのがあります。これは特に、アスペルガー症候群と呼ばれるタイプに多い傾向ですが、ADHDの場合にもありえる症状です。この傾向をもつ人は、ニコチン依存症や買い物依存症やパチンコ依存症などの依存症になりやすいのです。


人間に依存性を植えつけるものはたくさんあります。その中には社会的な要因が、人を依存症にしてしまっているものもあります。日本国内に130万人もいるといわれるパチンコ依存症もそのひとつです。パチンコ依存症はギャンブル依存症のひとつですが、この病気になると、本人だけではなく家族などの周囲の人々が苦しみます。精神的なアヘンともいわれるほどの執着を生み、中毒になるとサラ金で多額の借金をしてでも、パチンコをやろうとします。炎天下のパチンコ屋の駐車場での幼児の置き去り死の事件は毎年のように繰り返されています。それだけではなく、あまり報道はされませんが、パチンコ屋のトイレなどでの自殺の事件は多いです。この依存は、本人が固く決心したぐらいではなかなか解決しません。


決心や自覚だけで、治らないのがパチンコ依存症です。これだけの蔓延がおきている理由のひとつは、メディアを使ったマインドコントロールです。今ではゴールデンタイムも含めて朝から晩まで、パチンコ、パチスロのテレビコマーシャルが流されています。テレビを見ると、繰り返しCMが流れてまたパチンコをやりたくなるのです。パチンコの画面は点滅を繰り返して、
一種の催眠誘導効果があります。どんどんはまっていく理由のひとつはここにもあります。いくらやめようとしても、これだけの洗脳行為が社会から行われていることが大きな障害になっています。


先進国で市街地の中心部にギャンブル施設が建っているような国はあまり存在しません。日本ぐらいのものです。駅前の一等地に堂々と存在しているので、簡単に入れます。「家族に嘘をついてパチンコに行ったことがある。」「パチンコに行きたくて、うずうずしてしまうことがある。」「自分で決めた額以上のお金をパチンコにつぎ込んだことがある。」「パチンコのため、約束を破ったり待ち合わせ時間に遅れたことがある。」こういった特徴があれば、その人はパチンコ依存症の可能性があります。


パチンコ依存症は、薬で治るものではありません。完治させるには、カウンセリングや催眠療法などの心理療法を使います。心のアヘンとも呼ばれるパチンコ。パチンコ依存症を克服したい方は、まずは心理療法を受けてみられることをおすすめします。心理療法とは、カウンセリングやヒプノセラピーのことであり、心の状態を知ってそれを変えることを医師やカウンセラーのサポートによって達成します。認知のゆがみを解消して潜在意識を変えていくことで、行動習慣を変えることができます。認知療法、催眠療法などの心理療法は、すべてこの方法で問題を解決します。


 


スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

スマホ依存症と発達障害関連ページ

発達障害が社会不安障害を生む
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事