ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

発達障害は対人関係が苦手になりやすい

人前に出ると不安で息苦しい感覚に陥るものを社会不安障害と呼び、
心療内科や精神科での治療の対象となっています。
人が恐くて学校や会社にも行くことができないという場合、社会不安障害の可能性があります。


「社会不安障害」という病気は、本人の思考、認知を修正することで、
改善することも多く、思い込みを修正する認知行動療法などが効果的とされます。


うつ病、アルコール依存症に次いで問題とされる社会不安障害ですが、
実は発達障害の人は社会不安障害になりやすいことがわかっています。


それを脱却するには、思考のフレームを変えることをめざします。
偏った思いこみの修正がもっとも重要です。
緊張を和らげる訓練も効果的です。



不安症を治す―対人不安・パフォーマンス恐怖にもう苦しまない (幻冬舎新書)


心配や不安が性格的なものではなく、
「社会不安障害(SAD)」という精神疾患として認識されると、
対策を効果的に施せるようになります。


自分のパフォーマンスに対する過度な期待と、
自分の行動が悪い結果を招くという思い込みが大きく影響します。
発達障害の傾向がある人はこのような思い込みを持ちやすいのです。


ゆがんだセルフイメージにもとづく自分の人間性の否定が根源にあり、
自分がきちんと行動できているか意識する心に縛られているのです。
このマイナス思考を修正することがSADの思考パターンを変えるうえで
重要です。心理療法はおおいに役立ちます。


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

発達障害が社会不安障害を生む関連ページ

スマホ依存症と発達障害
発達障害があるとゲームやスマホやインターネットへの依存に陥ることが多くなります。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事