ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

大人の発達障害とピクノジェノール

発達障害であることを自覚されぬまま大人になる人は多いです。
軽度の場合、少し変わっているといった程度の認識で、
そのまま社会人になっている人もたいへん多いのです。


結婚しても、コミュニケーションの形がちょっと違う、
家でもあまり会話がなくて、自分の世界に入り込んでいる、
子供への接し方がおかしい、


といった細かな症状にようやく気づいて、
そこではじめて、パートナーが発達障害の傾向があることを
感じ取るケースもとてもありふれた事例です。


日本では大人の発達障害をしっかりと診断して、指導して
くれる医療機関はまだまだ不足しています。


大人に特化した発達障害の専門医が少ないのです。
精神科医、星野仁彦先生の著書などを読んで、自分あるいはパートナーに
発達障害の傾向があると気づいたとしても、


そこから、かかりつけの医師を探すのも大変な状況です。
本にある情報をもとに対処していくことがほとんどです。


その本の中でも紹介されているのが、ピクノジェノールという
サプリメントです。


これを飲むことで、脳の過剰な興奮や緊張が鎮められ、発達障害特有の
不安定な気持ちが落ち着いてくるのです。


これはピクノジェノールが脳内の過剰なストレスホルモンを抑えて安定化させるから
であるということがわかってきました。


アスペルガー症候群でもADHDでも、ピクノジェノールを試してみる価値はあります。
ピクノジェノールそのものは、アンチエイジングに効果があり、動脈硬化を予防する
健康食品なので、飲んで悪いというものではありません。


ですので、ピクノジェノールをしばらく飲んでみて、症状が少しでも緩和されるなら、
合っているということがわかります。


 

大人の発達障害記事一覧

発達障害が社会不安障害を生む

人前に出ると不安で息苦しい感覚に陥るものを社会不安障害と呼び、心療内科や精神科での治療の対象となっています。人が恐くて学校や会社にも行くことができないという場合、社会不安障害の可能性があります。「社会不安障害」という病気は、本人の思考、認知を修正することで、改善することも多く、思い込みを修正する認知...

≫続きを読む

スマホ依存症と発達障害

発達障害のことを、PDD(広汎性発達障害)ということもあれば、ASD(自閉症スペクトラム障害)ということもあります。これはどちらも同じ概念と考えてほぼ間違いありません。またADHDはこれとは別の概念ですが、多くのPDDは、ADHDの症状を併存させていることもわかっています。これらの発達障害の人の特徴...

≫続きを読む

スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事