ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

有能な人も多いアスペルガー症候群

アスペルガー症候群への接し方は、物事をできるだけ具体化して伝えることがポイントです。
発達障害の中でも知的能力が高く、天才の中にも多いのが、アスペルガー症候群です。
こだわりが強く、対人関係が不器用であることが特徴です。
アスペルガー症候群は対人スキルが不足しがちなため、対人トラブルを起こすなど問題を抱えます。


言葉や文章の行間を読めず、他人の気持ちや常識が理解しにくいため、
突然失礼なことを言ってしまったりします。
その発言が、相手を面食らわせることも多いので、敵を作ったり、あるいは、友だちができにくいです。


子どもだけの疾患ではありません。発見されないまま大人になるケースも多いのです。
働き盛りの大人にも一定の割合で見られる疾患です。
アスペルガー症候群の多くは、その自覚がないまま、生きづらさを抱えて苦しんでいます。


日本でも深刻な問題となっているアスペルガー症候群ですが、
アメリカでもシリコンバレーの一割の人が該当するといわれいわれています。
東大生の中にも多いともいわれています。学力が高いことも多いのが特徴なのです。


アスペルガー症候群の人には天才型が多く、得意な分野ではすばらしい才能を発揮します。
それは凝り性で、一つのことに没頭できる特性があるからです。
打ち込めるものが見つかれば、その分野で大きな成果をあげることもできるということです。
早い段階で、本人の適性を見分け、適した分野に進ませてあげることが大切になります。


周囲の人が、家庭や学校、職場で、どう接したら、アスペルガー症候群の人とよい関係を築けるのか。
特性を活かすにはどのように対処すべきかを知る必要があります。
対人スキルのことで悩んでいる人は自分がアスペルガー症候群である可能性もあります。


対人スキルは学習により習得できますし、コミュニケーションスキルも訓練で向上できます。
ですから、アスペルガー傾向があることを早期に自覚できれば、克服もできるのです。
アスペルガー症候群は、自閉症スペクトラム障害(自閉スペクトラム症)の中に含まれています。


 

スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

アスペルガー症候群の特徴関連ページ

対人関係が苦手なアスペルガー症候群
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事