ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

ADHDは睡眠時間が長い傾向がある

ADHDの人の特徴として、睡眠時間がかなり長いというものがあります。
これは、ストラテラなどの薬物療法をしているしていないにかかわらず、見られる症状です。


10時間以上眠らないと起きられないという場合や、朝、起きてから、午前中に昼寝をはじめたり、
用事がなければ一日中寝ているという人もいるようです。


覚醒状態のADHDの人の脳内では、神経伝達物質の過剰により、過剰な興奮状態があるため、
脳が披露しやすいのかもしれません。そのため、多くの時間を休息にあてるしかないとも考えられます。


このことを真剣に悩んでいるADHDの人も多く見られます。
睡眠欲というものが非常に強いという悩みとでもいうのでしょうか。
また、家族に怠け者とみられてしまうことも苦にしておられるようです。


このような体質を少しでも緩和できる可能性があるとしたら、ピクノジェノールではないでしょうか。
欧米でも、ピクノジェノールの活用が広がっているわけですが、これも、脳内の神経伝達物質のレベルを
正常なレベルまで戻してくれている可能性があるピクノジェノールの沈静作用を期待してのことだと考えられます。


ペット業界ではすでに興奮性の高いよく吠える犬の沈静化を目的に犬用のピクノジェノールが普及しています。
日本の精神科医の中にも星野仁彦医師のように、まずはピクノジェノールを試すように著書で記載している
専門医もおられます。


ストラテラなどには強い副作用も報告されており、いきなり服用することには抵抗感がある人も多いでしょう。
もし、そうであるなら、フランス海岸松の樹脂であるピクノジェノールから試しても良いのではないでしょうか。


松は薬草としては日本でも古くから使われています。松葉を煎じて飲むと不老長寿に良いとも言われてきました。
アメリカの先住民も松の皮を煎じて、薬草茶にしてました。
それを欧米の研究者が知ったことがピクノジェノールの欧米での普及につながったのです。


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

睡眠時間が長くなる発達障害関連ページ

ADHDは日本人の10パーセント
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
ADHDと境界性パーソナリティ障害
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事