ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

ADHDは境界性パーソナリティ障害になりやすい

ADHDの子どもは、対人関係の苦悩が多くなります。
人と良好なつきあいがしたい欲求があるのにそれがうまくいかないという
失敗の経験を繰り返すうちに、認知の歪みが大きくなってしまうケースがあります。


親子関係、兄弟関係、友人関係のいずれにおいても認知の歪みを
増大させうるコミュニケーションの失敗を重ねる傾向があります。
それが重なるうちに、しだいに、境界性パーソナリティ障害の傾向も
有するようになっていくのです。


境界性パーソナリティ障害は、家庭環境や育てられ方によって
その発症が促進される病気です。
境界性パーソナリティ障害をもった人になる原因としては
特に母親の影響が大きいです。


どんな母親が原因になるのかには二つのタイプがあることが知られています。
一つは、母性的愛情に欠ける母親です。
この母親は、責任感や向上心が強く、実務能力が高い人です。
しかし、人の気持ちを汲み取る情緒的な面に欠陥があり、


母性的なやさしさを表現するのが苦手です。
職業としては教師や医師や看護師といった専門職でバリバリと
キャリアを積んできたような女性に多いです。


このような母親は子どもの心情をわかってあげられないのです。
結果やルール遵守などの観点からしか子どもを評価しません。
気持ちや心の動きをみてあげられないのです。


すると過剰な支配によるストレスが子どもにかかってきます。
弱音をはけない子どもの心は逃げ場がなくなり、境界性パーソナリティ障害に
いたるのです。


もう一つは、母親自身が不安定なタイプです。
母親がうつ病であったり不安障害があったりして、子どもがそれに巻き込まれます。
不安定で弱い母親をささえるため、子どもはいつも母親の顔色をうかがってばかりいます。


このような育ち方をすることで思春期以降にそれまでの我慢してきたものが爆発し、
一気に崩れていく中で、境界性パーソナリティ障害になっていきます。
いずれのケースでもADHDであるゆえの認知の歪みが拍車をかけていきます。


 


スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

ADHDと境界性パーソナリティ障害関連ページ

ADHDは日本人の10パーセント
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
睡眠時間が長くなる発達障害
ADHDは不注意や多動性のほか、睡眠時間が非常に長いという特徴もあります。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事