ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

日本人に多いADHD

日本人の約10%はADHDであるといわれています。
ADHDとは、発達障害の一種です。


一方的な会話で人の話を聞かない
部屋などを片付けられない
ものが捨てられない


学業や仕事でのうっかりミスや忘れ物が多い
仕事や勉強などいろいろなことが中途半端
学生や社会人で、朝起きられない・遅刻が多い


宿題や課題などのやるべきことが先延ばしになる
性格が、キレやすい・暴力的・くるくる気が変わる
依存症になりやすく、いろいろなものにハマりやすい


例えば、アルコール、薬、買い物、セックスにおぼれる
行動面では、あと先を考えない・約束を守らない・
空気が読めない・不潔・貧乏ゆすりが目にあまる


ADHDとは、知的障害のない「発達障害」の一種です。
わかりやすい三大特徴は、
1不注意 2多動性 3衝動性の3つです。


一番多い発達障害、それがADHD(注意欠陥・多動性障害)。
ADHDというのは子供の病気だとこれまで思われていました。
ところが子供時代に発見されないまま大人になる事例が増えているのです。


というよりもこれまではよくわかっていなかったのです。
医学の研究が進み、実際にはADHDのような
軽度の発達障害者が数多く大人になっていることがわかってきたのです。


大人になっても症状がかなり残ることも明らかです。
ADHDに気付かずに大人になり、コミュニケーションの
障害が原因になり、壁にぶちあたる人がたくさんいます。


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

ADHDは日本人の10パーセント関連ページ

ADHDと境界性パーソナリティ障害
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
睡眠時間が長くなる発達障害
ADHDは不注意や多動性のほか、睡眠時間が非常に長いという特徴もあります。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事