ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

ADHDの症状

ADHDは、まず多動(運動過多)が基本的症状として出ます。
いつも落ち着きがなく、そわそわしているのです。


多動、衝動性優位型では、幼児期から学童期にかけて、
多動が目立ちます。


しかし成長するとそれは目立たなくなり、気ぜわしくそわそわしているような、
せっかちでいつも何かしているような行動様式となります。


貧乏ゆすりをしたり、早口で一方的にしゃべったり、
机をこつこつ叩いたり、じっと座っていられないなどです。


これには、脳内におけるストレスホルモンの過剰分泌が影響していることが
わかってきています。


そして新奇追求の傾向があり、新しい刺激を次々に求めて関心が
移り変わります。


不注意(注意散漫)の傾向があり、気が散りやすく、集中力がありません。
自分の興味や関心がないことに対して、注意散漫になります。


仕事や勉強、家事などの場面でも、途中で集中が途切れます。
心ここにあらずの状態になります。相手の話を集中して聞けないため、
一方的に言いたいことだけを話し、コミュニケーションがうまくとれません。


金銭管理や業務管理なども苦手で、浪費や衝動買いが多く、
時間管理ができない、片付けができない、ゴミを捨てられないなど。


そのため、職業を選択するとき、注意が必要となります。
自分にむいていない職種につくと、困ったことになります。


こうした多動や不注意を緩和するサプリメントして、ピクノジェノールが
欧米で見直されており、症状の緩和ができたとの研究報告も出ています。


 

ADHD記事一覧

ADHDは日本人の10パーセント

日本人の約10%はADHDであるといわれています。ADHDとは、発達障害の一種です。一方的な会話で人の話を聞かない部屋などを片付けられないものが捨てられない学業や仕事でのうっかりミスや忘れ物が多い仕事や勉強などいろいろなことが中途半端学生や社会人で、朝起きられない・遅刻が多い宿題や課題などのやるべき...

≫続きを読む

ADHDと境界性パーソナリティ障害

ADHDの子どもは、対人関係の苦悩が多くなります。人と良好なつきあいがしたい欲求があるのにそれがうまくいかないという失敗の経験を繰り返すうちに、認知の歪みが大きくなってしまうケースがあります。親子関係、兄弟関係、友人関係のいずれにおいても認知の歪みを増大させうるコミュニケーションの失敗を重ねる傾向が...

≫続きを読む

睡眠時間が長くなる発達障害

ADHDの人の特徴として、睡眠時間がかなり長いというものがあります。これは、ストラテラなどの薬物療法をしているしていないにかかわらず、見られる症状です。10時間以上眠らないと起きられないという場合や、朝、起きてから、午前中に昼寝をはじめたり、用事がなければ一日中寝ているという人もいるようです。覚醒状...

≫続きを読む

スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事