ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

片づけられない発達障害

どうしても掃除ができない人がいます。主婦でも家の中がちらかりっぱなしであったり、
OLや会社員でもデスクが散乱している人。このような人の中には、発達障害という病気の人がかなり含まれることが最近の研究でわかってきています。


発達障害は、ADHDやアスペルガー症候群が有名ですが、
脳機能の発達がアンバランスで普通の人よりも優れた長所がある
反面、普通の人が当たり前にできることがまったくできないという特徴があります。


この発達障害が最近増加しているというのです。一部の研究者の中には、食生活がその原因ではないかという人もいます。
胎児期に母親が食べていた小麦製品や乳製品やタバコなど有害添加物の影響で、脳機能の発達が乱されて、発達障害になるのではないかという医師もいます。いずれにしても、掃除ができない人は、こうした原因がないか検討してみることをおすすめします。


特にADHDの人は、片づけ物が苦手な傾向が強いです。
主婦として、家事をしたり掃除や洗濯や片づけをすることが苦手で時間がかかり、その作業に苦痛を感じると言う場合、大人の発達障害である場合も多いということです。しかし、そのような場合でも、訓練によって、片づける能力は向上していきます。
ニガテであるからと避けるのではなく、少しずつでも努力をしていくと、できなかったこともできるようになるのです。


もちろん健常な人と同じレベルまでは難しいかもしれませんが、努力によってその人なりに、少しでも上達することもわかってきているのです。
最近ではピクノジェノールという松の樹脂成分の健康食品が、脳機能を高めるのによいことも判明してきています。


七田式の右脳教育というのは、発達障害の子供にも良いようです。
七田式というのは、七田眞さんという人が開発したもので、英語短期マスター教材などが有名です。
トレーニングで、さまざまな脳機能がアップするようです。
幼児期の知育の教材や知育のシステムがいろいろと考案されているので、発達障害の子供の脳機能の訓練にも有益であると考えられています。
似たような教材はたくさん出ているようです。いろいろと自分なりに調べて見られるとよいですね。

 






スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

片づけられない悩みを解決するには関連ページ

子育ての工夫で発達障害を克服
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
発達障害は脳の機能不全
発達障害と環境化学物質汚染に大きな関連があることが判明してきています。
自閉症スペクトラム障害
自閉症スペクトラム障害とは、これまでADHDや学習障害、アスペルガー症候群、自閉症と呼ばれてきた疾患群をひとまとめにした概念です。
発達障害の子供の運動
発達障害の場合、しばしば協調運動などが未発達であることが知られています。ピクノジェノールでこれらが緩和される可能性があります。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事