ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

早い段階から手を打てば症状は緩和されます

発達障害の場合、しばしば協調運動などが未発達であることが知られています。
協調運動が不得手だと、スポーツなどの運動が上手にできないため、
そのままにしておくと、いわゆる運動音痴な人になります。


野球やサッカー、バレーボールやバスケットボール、テニスやバドミントンなどは、
協調運動の能力がないとまったく歯が立ちません。そのため、ADHDやアスペルガーの
子供の中には、体育が不得意になり、仲間はずれなどいじめの原因になることもあります。


しかし、9歳ごろまでであれば、人間の脳機能からも、運動能力は向上します。
それは発達障害の傾向がある子供であっても同じですので、鍛える価値はあります。


協調運動を向上させるには、水泳、ダンス、体操、合気道、少林寺拳法など武術、
といった個別指導や個人競技系の運動がおすすめです。この種の運動は、
人間関係上のストレスが、チームプレイのスポーツよりも少ないので、発達障害の子供がついていきやすいのです。


チームプレイのスポーツに無理に通わせると、人間関係で傷つき、途中挫折して
ますますスポーツ嫌いになる危険性もあります。そうならないためにも、何を習わせるかが重要です。


幼稚園から小学校低学年のあいだに、協調運動を向上させるために体操教室などに
通っていると、中学生ぐらいになると、運動面では、まったく普通の子供と変わらないほどに能力が向上しているケースも多いです。


発達障害というのは発達のアンバランスなのであって、適切に発達を促進する働きかけを
周囲がしてあげることで、ほとんど目立たないぐらいにまで改善するということです。


発達障害を食事で改善するためにはいくつかのポイントがあります。
発達障害、特に注意欠陥障害には、ピクノジェノールがよいことがわかっています。
ADHDは適職につかせてあげられるかどうかで人生が大きく左右されます。


発達障害の食事としては、農薬と食物アレルギーへの注意が必要です。
アスペルガー症候群やADHDをおこす要因として、有機リン系農薬や、ネオニコチノイド系農薬のかかった野菜や果物が考えられています。


食事療法ではまず農薬を避けることが第一の注意点です。
発達障害の食事療法では、乳製品や小麦製品を減らすことが大切です。
これらの食材は農薬の含有量が多いことももちろんですが、小麦のグルテンや乳タンパクがアレルギーを起こし、
脳に悪影響を与えている可能性があるとされています。


発達障害に効く食事として、無農薬野菜、乳製品と小麦を減らした食事、というのがポイントです。
ピクノジェノールは多動の傾向がある場合、おすすめです。アスペルガー症候群の食事療法もADHDと同じです。
発達障害には、食品添加物をできるだけ減らした食事を食べることが大切です。


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

発達障害の子供の運動関連ページ

子育ての工夫で発達障害を克服
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
発達障害は脳の機能不全
発達障害と環境化学物質汚染に大きな関連があることが判明してきています。
自閉症スペクトラム障害
自閉症スペクトラム障害とは、これまでADHDや学習障害、アスペルガー症候群、自閉症と呼ばれてきた疾患群をひとまとめにした概念です。
片づけられない悩みを解決するには
発達障害の人は片づけるのが苦手という人が多いです。ADHDタイプは特にその傾向が強いようです。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事