ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

自閉症スペクトラム障害のさまざまな症状と対処法

自閉症スペクトラム障害とは、ADHD、アスペルガー症候群、学習障害などを
ひとまとめにした疾患概念です。今後は、発達障害という呼称よりも
自閉症スペクトラム障害のほうが多く使用される流れとなるでしょう。


発達障害のおこる原因についての誤解はさまざまにあります。
発達障害の多くは、生まれながらのもので、
脳の機能のアンバランスな発達状態であると考えられています。


未熟児であったり、母親が喫煙者であったり、飲酒したり、
あるいは不妊治療などで双子だったりすると未熟児のリスクも
高く、発達障害がおこりやすいことがわかっています。


虐待を受けると、発達障害になるというのは、誤解です。
むしろ、発達障害があるために不注意や多動、物忘れ、などの行動の異常があって
それを親が過剰に咎めて、厳しい躾をしようとすると、発達障害の子供は苦しみます。


自分はできない子供なのだという自己否定の意識が強くなって、それが健全な自我の成長を妨げます。
その結果、人格障害の症状が出たり、愛着障害の症状が強くなり、恋愛に依存したり、
ギャンブルやゲームに依存したりといった問題行動に走りやすくなります。


そのため、発達障害の傾向があることがわかったら、子供を減点思考で育てることをやめてください。
長所を伸ばすことに意識をむけて、親が子供をまず認めてあげて、ほめてあげて、
できるところを伸ばしてあげることに力を注いで下さい。


そして愛情を十分に感じるように言葉の使い方を注意して、子供への暴言、
傷つくようなひどい言葉を、絶対に言わないようにしましょう。そうすれば、
発達障害があっても才能豊かな幸せな人として成長し、人生に成功していけるのです。


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

自閉症スペクトラム障害関連ページ

子育ての工夫で発達障害を克服
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
発達障害は脳の機能不全
発達障害と環境化学物質汚染に大きな関連があることが判明してきています。
発達障害の子供の運動
発達障害の場合、しばしば協調運動などが未発達であることが知られています。ピクノジェノールでこれらが緩和される可能性があります。
片づけられない悩みを解決するには
発達障害の人は片づけるのが苦手という人が多いです。ADHDタイプは特にその傾向が強いようです。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事