ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

発達障害は、脳の機能不全だといわれています

発達障害者の仕事上のトラブルの多くは、本人にとり不適切な職種についているために起こります。
多動、不注意、衝動性などが仕事を左右する職種は避けるべきです。


例えば教師、保育士、看護師、介護職など対人援助の仕事、
金銭管理の仕事、書類整理、人事の管理は無理があります。金融、航空、交通、調理、営業も不適です。
文部科学省によれば、全国に61万3千人もいる推定となった発達障害の子どもの数。
公立の小中学校生の6.5%にあたる発達障害の子どもが存在していることになります。


これは40人学級に2〜3人の発達障害児が在籍していることになり、
少なくとも、各クラスに一人以上の発達障害の子どもがいるということになるのです。


発達障害は、脳の機能不全だといわれていますが、その原因についてはよくわかっていませんでした。
発達障害はいくつかのタイプにわかれており、知的能力には問題がなく、書く・計算する・聞く・話す・読む・推論するなどの
特定な能力を苦手とするものが、学習障害(LD)です。


その一方で、衝動性、多動性、不注意が特徴の注意欠陥多動性障害(ADHD)も増えています。
これと双璧をなすコミュニケーション、社会性、興味について特異なアスペルガー症候群があります。


自閉症を含めた発達障害児の急増の原因はなんでしょうか。
最新の情報によれば、日本でも、アメリカでも、発達障害と環境化学物質汚染に
大きな関連があることが判明してきています。


有機リン系農薬やPCB(ポリ塩化ビフェニール)などが発達障害をおこすことがわかってきたのです。
これらは脳に有害な神経毒性を持っています。食材から侵入し、最初に妊婦や胎児が汚染され、
毒物が蓄積することで、最終的に子供の脳の神経回路が正常に発達せず、発達障害などの行動異常を引き起こすのです。


ハーバード大学研究チームが、子どもが有機リン系の農薬を低濃度でも摂取すると、
ADHDになりやすいことを小児学会誌に発表しました。


危険な農薬を使い続けると、発達障害児は今後も増加する可能性があります。
農薬の使用量を減らし、農薬が含まれている家庭用殺虫剤の使用もやめるべきです。
女性や子供は無農薬の野菜や果物を食べることが大切です。


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

発達障害は脳の機能不全関連ページ

子育ての工夫で発達障害を克服
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
自閉症スペクトラム障害
自閉症スペクトラム障害とは、これまでADHDや学習障害、アスペルガー症候群、自閉症と呼ばれてきた疾患群をひとまとめにした概念です。
発達障害の子供の運動
発達障害の場合、しばしば協調運動などが未発達であることが知られています。ピクノジェノールでこれらが緩和される可能性があります。
片づけられない悩みを解決するには
発達障害の人は片づけるのが苦手という人が多いです。ADHDタイプは特にその傾向が強いようです。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事