ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

発達障害の症状とピクノジェノール

発達障害とはADHDやアスペルガー症候群などの、
脳機能の発達が遅れているために起きている疾患のことです。


ADHDでは、不注意や多動、協調運動障害が目立ちます。
アスペルガー症候群ではコミュニケーションがうまくできません。


融通がきかず、決まりやルールにうるさく、他人を責めます。
会話のやり取りがうまくできません。


こういった症状というのは、患者が病的なものであると
自覚しなければ、なかなか改善しません。


認知行動療法などの方法で、未熟な部分の成長を
促すことで、少しずつ改善させていくしかありません。


問題意識を患者本人が持つことで、はじめて、それを改善しようという
気持ちが生まれます。この動機があれば、認知行動療法などの
カウンセリングなどの心理療法で、性格傾向を軌道修正することができるのです。


意図的な訓練で、性格傾向は緩和されます。これを人格陶冶といってもいいでしょう。
それもすべては本人の自覚から生み出されるモチベーションが鍵になります。


脳機能にも好影響があるピクノジェノールの併用もおすすめです。
ピクノジェノールは、ADHDなどの発達障害でしばしばみられるストレスホルモンの
過剰分泌を緩和して、症状を緩和することが知られています。


 

発達障害症状記事一覧

子育ての工夫で発達障害を克服

発達障害の子供を上手に育てることで、その症状を改善していくには、どのようなことに気をつけていけばいいのでしょうか。もっとも大切なことは、子供の持つ長所や特性を見極めて、それを伸ばすことです。好きなこと、興味のある分野を自由に探求させてあげることで、本来の能力以上に諸能力は向上させることができます。で...

≫続きを読む

発達障害は脳の機能不全

発達障害者の仕事上のトラブルの多くは、本人にとり不適切な職種についているために起こります。多動、不注意、衝動性などが仕事を左右する職種は避けるべきです。例えば教師、保育士、看護師、介護職など対人援助の仕事、金銭管理の仕事、書類整理、人事の管理は無理があります。金融、航空、交通、調理、営業も不適です。...

≫続きを読む

自閉症スペクトラム障害

自閉症スペクトラム障害とは、ADHD、アスペルガー症候群、学習障害などをひとまとめにした疾患概念です。今後は、発達障害という呼称よりも自閉症スペクトラム障害のほうが多く使用される流れとなるでしょう。発達障害のおこる原因についての誤解はさまざまにあります。発達障害の多くは、生まれながらのもので、脳の機...

≫続きを読む

発達障害の子供の運動

発達障害の場合、しばしば協調運動などが未発達であることが知られています。協調運動が不得手だと、スポーツなどの運動が上手にできないため、そのままにしておくと、いわゆる運動音痴な人になります。野球やサッカー、バレーボールやバスケットボール、テニスやバドミントンなどは、協調運動の能力がないとまったく歯が立...

≫続きを読む

片づけられない悩みを解決するには

どうしても掃除ができない人がいます。主婦でも家の中がちらかりっぱなしであったり、OLや会社員でもデスクが散乱している人。このような人の中には、発達障害という病気の人がかなり含まれることが最近の研究でわかってきています。発達障害は、ADHDやアスペルガー症候群が有名ですが、脳機能の発達がアンバランスで...

≫続きを読む

スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事