ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

ピクノジェノールとADHD

ピクノジェノールは、フランス海岸松の樹皮から抽出される成分ですが、
女性の子宮内膜症や生理不順などのホルモンのアンバランスで
おきる健康障害を改善する可能性が指摘されています。


フランス海岸松にはビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍の抗酸化作用があり、
アンチエイジング効果が期待されています。


欧米では、アルツハイマー病、動脈硬化、脳梗塞、心臓病など、老化とかかわりの深い
種々の疾患に応用されてきました。


最近ではADHDの多動性や不注意などの症状も緩和することが
わかってきています。ピクノジェノールはストレスホルモンを下げて、脳の過剰な興奮を
抑制しているのではないかと言われています。


日本でも、発達障害の患者にピクノジェノールを勧める医師が増えてきています。
『発達障害に気づかない大人たち』 などの著書で知られる精神科医、
星野仁彦さんも、著書でピクノジェノールをとりあげています。


ADHDの特有の症状である多動や落ち着きのなさの背景にあるのが
ストレスホルモンが過剰に分泌されているという内分泌の乱れです。


ピクノジェノールは、この内分泌の乱れを改善させて、過剰なストレスホルモンを
抑制して、本来のレベルまで安定させてくれるのです。
すると、落ち着きのない状態が緩和されて、多動や協調運動の問題を解決してくれるのです。


 

ピクノジェノールとADHD記事一覧

ピクノジェノールはADHDに

発達障害には、漢方やサプリでイライラなどの症状が緩和できることがあります。ピクノジェノールは、アスペルガーやADHDに食事療法で取り組む場合にも併用がお勧めです。ピクノジェノールは、松の樹脂から得られる成分であり、安全性が高いです。漢方では、抑肝散がADHDの不安定さ、落ち着きのなさを鎮めてくれます...

≫続きを読む

発達障害 食事療法

発達障害の食事は、小麦を避けるようにすることが推奨されています。アスペルガーの症状にはいくつかの漢方が有効です。発達障害の食事療法は無農薬野菜を主体にし、小麦を避けることを中心にしています。抑肝散加陳皮半夏はADHDのイライラや不安を鎮める効果があります。発達障害に応用できる 漢方の処方はほかにもた...

≫続きを読む

抗酸化作用が強いピクノジェノール

抗酸化作用が強いピクノジェノールは、松の仲間、フランス海岸松の樹皮成分です。学名はPinus Maritimaです。別名はフラバンジェノールです。フランス海岸松は、フランスの南西部ボルドー地方に自生しています。この松の樹皮から抽出されたエキスがピクノジェノールなのです。その成分は、約40種類の有機酸...

≫続きを読む

スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事