ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

発達障害の発生には関係ないが改善にはおおいに関与する親の愛情

発達障害は、親の愛情不足で起こるという主張をして騒ぎになったのが政治家の橋下徹氏でした。
同様の主張は今も至るところで目にし、そのたびに炎上したり、騒ぎになっているようです。


発達障害の発生の原因は、遺伝的なものであったり、妊娠中の農薬や有害物質などであったり、
先天的な発達のアンバランスであるというのが今の医学における見解になっています。
その意味において、親に愛情が足りなかったから発達障害になるということはありません。


ADHDもアスペルガー症候群も学習障害も、すべての発達障害はむしろ先天的なものです。
その先天的な背景として、化学物質や有機リン系農薬やネオニコチノイド系農薬や、
遺伝的なものなどのさまざまな要因が考えられているということです。


ただし、生まれてきた子供にその発達障害がどれだけ強く問題化してくるのか、
あるいは、その問題化した部分がどのように改善されて目立たなくなるのか、
という療育と改善の働きかけの部分において、両親の取り組み方は、結果を左右します。


たとえば、発達障害ゆえの不器用さや、ミスの多さを親がいつも非難し、その子を責めて、
非共感的な態度で、厳しい言動を繰り返していけば、子供の心は傷つきます。
子供の心の中に、自己重要感が育まれることが不十分となり、過剰な劣等感や、
自己無価値感といった歪んだセルフイメージをその子が持つようになる場合もあります。


こうなると、発達障害における問題行動やトラブルはますます大きな形で出てきてしまいます。
子供には、未発達部分を少しずつでも発達させて成長していける可能性があるのですが、
その可能性の芽を摘み取ってしまうのが、親の非共感的なかかわり方だといえるでしょう。


このことがわかれば、愛情をたっぷりと与えて発達障害の子の長所を伸ばしてあげることが
もっとも重要な療育であり、親のかかわり方が、その子の未来を左右しているのは、まぎれもない事実なのです。


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

発達障害と親の愛情欠乏の関係関連ページ

発達障害を改善させるトレーニング
適切なトレーニングを行うことで発達障害はその発達の未熟な部分を補い改善させることができることがわかってきています。
愛着障害の分類
愛着障害にはいくつかの類型が存在しており、その差異についても明確にされています。
家族療法で発達障害を緩和する
家族療法という心理療法で発達障害の子どもを癒す道もあります。
愛着障害と発達障害の関係
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
愛着障害を癒し発達障害を改善
いかにして愛着障害を防止し、発達障害を改善させればよいのでしょうか。
子育てと発達障害
子育ての仕方によって発達障害を緩和できたり、悪化させたりすることを知っていますか・
発達障害の子供を育てる鍵は両親
両親が変わらずに発達障害の子供だけを変えようとしても、それはできません。
愛情欠乏からおこる愛着障害
愛着障害は、「保護、愛情への希求を無視されたことに対する反応としての社会的関係性の障害] です。
オキシトシンと発達障害
アスペルガーや、ADHDの不注意や多動性は、東大医学部の研究によれば、オキシトシンの投与が効果があったそうです。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事