ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

愛着障害 子ども時代を引きずる人々


愛着障害とは、幼少期の両親、母親との
愛情関係が健全に育まれなかったために、
自我の成長において、障害をきたしたものです。


この病態を最初に指摘したのは小児精神医学のJ・ボウルビイ医師でした。
乳幼児の時期、生後六ヶ月から1歳半ぐらいまでの
臨界期と呼ばれる時期には母親という特定の存在による
絶対的な安心、安全、そして愛情が保障されなければ、愛着障害の子供が育つのです。


愛着障害は、その子供の成長後にパーソナリティ障害を
おこしたり、発達障害を悪化させる原因になることもあります。


そして、恋愛関係などの人間関係に支障をきたすようになります。
愛着障害のある人は、対人関係を良好に維持できないのです。


今、恋愛依存症とよばれているものの実態は、愛着障害のことなのです。
精神医学の分野では、恋愛依存症とは呼びません。
これは一部の恋愛カウンセラーが広めた言葉なのです。


したがって、恋愛依存症について知りたい人は、まず本書を
熟読され、愛着障害について学ぶことが先決です。


本書はさまざまな愛着障害のタイプと、
その克服への方法論をわかりやすく学ぶことができます。
恋愛や人間関係に悩んでいる人にとって、役立つ書物です。




発達障害と呼ばないで (幻冬舎新書)


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

愛着障害の分類関連ページ

発達障害を改善させるトレーニング
適切なトレーニングを行うことで発達障害はその発達の未熟な部分を補い改善させることができることがわかってきています。
発達障害と親の愛情欠乏の関係
愛着障害があると、発達障害の問題点は大きくなる傾向があるのです。その意味で愛情と共感はぜひとも必要です。
家族療法で発達障害を緩和する
家族療法という心理療法で発達障害の子どもを癒す道もあります。
愛着障害と発達障害の関係
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
愛着障害を癒し発達障害を改善
いかにして愛着障害を防止し、発達障害を改善させればよいのでしょうか。
子育てと発達障害
子育ての仕方によって発達障害を緩和できたり、悪化させたりすることを知っていますか・
発達障害の子供を育てる鍵は両親
両親が変わらずに発達障害の子供だけを変えようとしても、それはできません。
愛情欠乏からおこる愛着障害
愛着障害は、「保護、愛情への希求を無視されたことに対する反応としての社会的関係性の障害] です。
オキシトシンと発達障害
アスペルガーや、ADHDの不注意や多動性は、東大医学部の研究によれば、オキシトシンの投与が効果があったそうです。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事