ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

発達障害と深く関連している愛着障害

幼児期の愛情欠乏からおこるのが愛着障害です。
愛着障害は、「保護、愛情への希求を無視されたことに対する
反応としての社会的関係性の障害」と定義されています。


幼児期の育児環境に由来するもので、
両親からの愛情を十分に受けられなかった子供に発生します。


夫婦の不仲や母子家庭で、子供への
愛情不足が原因となって、愛情関係を形成する自我が育たないのです。


「脱抑制型愛着障害」というのは、過度に広範な人間関係を形成しようとするもの。
つまり誰かれなく人と絆を形成しようとするものです。
愛情不足からくるもので、幼児期のトラウマを癒す必要があります。


「抑制型愛着障害」は、これとは異なり、常にびくびくしていて、不安な状態になり、
対人関係で恐ろしい出来事が起こる恐怖心を抱いています。


愛着障害のある人は、ひどく攻撃的になったり、感情が抑えられなくなったり、
すぐ気が散ったり、欲求不満をすぐ爆発させたりします。
幼児期には、ADD(注意欠陥障害)や言語障害や自閉症と間違われることもあります。


愛着障害の子供は虐待、育児放棄、愛情不足、
身体的・性的虐待のある家庭で育てられています。
施設で育てられた場合にも現れます。


子供時代に、環境を変えることができて、
愛情に満ちた養育や保護のある健全な環境におくことで、愛着障害の症状は治ります。
愛着障害の児童は、愛に恵まれた環境で世話や養育を受けた時、改善されるのです。


改善しないまま成長して成人になったとき、大きな問題が生じます。
不毛な恋愛やトラブルの多い対人関係で苦労ばかり続けることになります。
その場合は、潜在意識の内部に生きている幼い自分の意識にアプローチしなければなりません。


この内的な自我をインナーチャイルドともいいます。
インナーチャイルドは、ヒプノセラピーの手法で癒すことが可能です。
潜在意識に直接働きかけて、傷ついた自我意識を癒し本来の状態に戻すのです。


発達障害の子供が、愛着障害になると症状は悪化します。
もし、子供が発達障害の傾向があるとわかったら、愛着障害を予防する工夫が重要となるのです。


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

愛情欠乏からおこる愛着障害関連ページ

発達障害を改善させるトレーニング
適切なトレーニングを行うことで発達障害はその発達の未熟な部分を補い改善させることができることがわかってきています。
愛着障害の分類
愛着障害にはいくつかの類型が存在しており、その差異についても明確にされています。
発達障害と親の愛情欠乏の関係
愛着障害があると、発達障害の問題点は大きくなる傾向があるのです。その意味で愛情と共感はぜひとも必要です。
家族療法で発達障害を緩和する
家族療法という心理療法で発達障害の子どもを癒す道もあります。
愛着障害と発達障害の関係
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
愛着障害を癒し発達障害を改善
いかにして愛着障害を防止し、発達障害を改善させればよいのでしょうか。
子育てと発達障害
子育ての仕方によって発達障害を緩和できたり、悪化させたりすることを知っていますか・
発達障害の子供を育てる鍵は両親
両親が変わらずに発達障害の子供だけを変えようとしても、それはできません。
オキシトシンと発達障害
アスペルガーや、ADHDの不注意や多動性は、東大医学部の研究によれば、オキシトシンの投与が効果があったそうです。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事