ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

親が変われば子は変る

発達障害の子に限らず、我が子に問題があると、その子供の問題を解決するために
親が必死に動いて、さまざまな医療機関やカウンセラーの門を叩きます。


その中には、一定の割合で、自分は変りたくない、子供だけを変えてくれという親がいます。
医師やカウンセラーが、親を変えようとアドバイスすると、逆ギレしたりするのです。


「わたしを責めないでくださいッ」などと、逆切れする母親の姿は診察室などでもしばしば
見られる光景です。


しかしながら、「家族療法」という言葉があるように、子供の問題は親の問題につながっているのです。
ある発達障害の娘が、ある種の問題行動を抱えて、カウンセラーの元に、親に強制的に連れてこられました。


カウンセラーがじっくりと話を聞いてみれば、その家庭はめちゃくちゃな環境になっていました。
別の女性と離れたところで暮らしている父親。この父親は家にわずかなお金しか入れません。
もちろん子育てにもまったく関与しません。


そして、母親といえば、別の男性と婚外恋愛しながら、パートタイマーで働いているのです。
当然、家庭に愛情は欠乏し、子供は愛着障害になってしまいます。


こんな環境だと、たとえ発達障害がなくても、子供はまともに育つことはできません。
愛着障害が起こり、生育の過程で必ずさまざまな問題を抱えてしまう結果になります。


こんな場合には、まず、両親の異常な状態を整理しなければなりません。
このケースであれば、破綻した結婚生活にピリオドをうち、もう一度、出直しをするべきです。
そのように整理していけば、子供が受ける、苦悩や不安定な状況が軽減される結果、
子供の異常行動も緩和されていくのです。


発達障害を抱えていても健全に育つ子もいます。
そういったケースでは両親が十分に子供を愛し、子供の愛着形成が健全に育まれているのです。
逆に愛情欠乏の家庭環境にいれば、発達障害はますます悪化して、問題行動が増えるのです。


愚かな親は、この原理を理解していないので、自分は悪くないと言い張ります。
自分が悪いわけではない。自分が変わる必要などない。「私を責めるなっ」と激怒する親もいます。
子供にとってこれほどの不幸があるでしょうか。


親が変われば子は変るのです。親が不自然なことをやめれば子供も不自然なことをやめるのです。
この簡単でシンプルな原則がどうしてわからないのでしょうか。
愚かであるとしかいいようがありませんが、すべては無知のなせる業なのでしょう。


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

発達障害の子供を育てる鍵は両親関連ページ

発達障害を改善させるトレーニング
適切なトレーニングを行うことで発達障害はその発達の未熟な部分を補い改善させることができることがわかってきています。
愛着障害の分類
愛着障害にはいくつかの類型が存在しており、その差異についても明確にされています。
発達障害と親の愛情欠乏の関係
愛着障害があると、発達障害の問題点は大きくなる傾向があるのです。その意味で愛情と共感はぜひとも必要です。
家族療法で発達障害を緩和する
家族療法という心理療法で発達障害の子どもを癒す道もあります。
愛着障害と発達障害の関係
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
愛着障害を癒し発達障害を改善
いかにして愛着障害を防止し、発達障害を改善させればよいのでしょうか。
子育てと発達障害
子育ての仕方によって発達障害を緩和できたり、悪化させたりすることを知っていますか・
愛情欠乏からおこる愛着障害
愛着障害は、「保護、愛情への希求を無視されたことに対する反応としての社会的関係性の障害] です。
オキシトシンと発達障害
アスペルガーや、ADHDの不注意や多動性は、東大医学部の研究によれば、オキシトシンの投与が効果があったそうです。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事