ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

親の愛情を適切に与えると子供の情緒は安定し、発達障害は緩和されていく

小児科の大御所であり、幼児教育の権威である田下昌明先生の
著書によると、古い子育て学がいかに間違っているのかがわかります。
豊かな情緒と道徳心をもった良い子を育てる最短の方法がわかります。


それは親の愛を与えることだったのです。
子供を無条件に愛し、抱きしめ、微笑んで包み込む親の
愛情こそが、子供の精神を高め、素朴で素直な円満な人格に育てるのです。


一に抱っこ二に抱っこ三、四がなくて五に笑顔


現在のように母親が子供を置いて働かねばならない社会は、
子供の人格形成を損じ、破綻させている危険な社会です。


本書によれば、四歳までは母親の絶対的な保護、
愛情による保護がなければ、子供は健全に育たないのです。


そのことから、早期に保育施設に子供をあずけたり、
ベビーシッターにあずけることがいかに危険なことであり、子供の人格を破壊する
暴力であるかがわかります。


このような親学を学校でも教えるべきであり、
そうすれば犯罪者や暴力組織に引き込まれる若者は
次第に減り、高い道徳性の若者が育つ日本となるのです。


国の支援も保育園の拡充ではむしろまったくの逆噴射です。
それよりも母親が家で子供と四歳まで過ごせるように経済的支援をすべきなのです。


子育ては国家の一大事です。
高い道徳性のある人格円満な国民がたくさん育つことは、
日本の国力を高めることにつながります。


母親が安心して子供と長く過ごせるように、国は環境を
整えるべきで、保育園などむしろ不要なのです。


少なくとも四歳までは母親が子供にぴったりと寄り添い、
絵本を読み聞かせ、ひらがなやカタカナを教えて、
毎日何度でも微笑み、抱きしめ、愛情を伝えるべきなのです。
今の日本の方向性はまったく間違っていることがわかります。


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

子育てと発達障害関連ページ

発達障害を改善させるトレーニング
適切なトレーニングを行うことで発達障害はその発達の未熟な部分を補い改善させることができることがわかってきています。
愛着障害の分類
愛着障害にはいくつかの類型が存在しており、その差異についても明確にされています。
発達障害と親の愛情欠乏の関係
愛着障害があると、発達障害の問題点は大きくなる傾向があるのです。その意味で愛情と共感はぜひとも必要です。
家族療法で発達障害を緩和する
家族療法という心理療法で発達障害の子どもを癒す道もあります。
愛着障害と発達障害の関係
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
愛着障害を癒し発達障害を改善
いかにして愛着障害を防止し、発達障害を改善させればよいのでしょうか。
発達障害の子供を育てる鍵は両親
両親が変わらずに発達障害の子供だけを変えようとしても、それはできません。
愛情欠乏からおこる愛着障害
愛着障害は、「保護、愛情への希求を無視されたことに対する反応としての社会的関係性の障害] です。
オキシトシンと発達障害
アスペルガーや、ADHDの不注意や多動性は、東大医学部の研究によれば、オキシトシンの投与が効果があったそうです。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事