ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

子供を愛着障害にしない工夫をすれば発達障害も改善するかもしれない

発達障害と呼ばないで (幻冬舎新書)という本によると、
精神科医や心療内科医などの医者は患者をすぐに「発達障害」と診断しますが、
最新研究によると、その多くは真の発達障害ではなく、「愛着障害」にすぎないものが多いそうです。


つまり「発達障害」と診断される人が増えていますが、実際には単なる「愛着障害」の可能性もあるのです。
児童のADHDの有病率は6%で、学習障害は10%ともいわれています。
発達障害と愛着障害を正しく判別し、それぞれに最適なケアをすることで、症状改善するかもしれません。


発達障害の多くは、愛着障害という視点は有益です。
発達障害と診断される人の多くは実際には発達障害ではなく、愛着障害であるということなら、
改善の余地は大きいのではないでしょうか。


愛着障害は、両親の適切な働きかけで、症状が改善します。
両親が子どもを認め、長所をのばし、できないことを責めず、適性と個性を理解することで変わります。


そして、発達障害そのものでも、診断されてから、両親の働きかけ次第で、
症状が消えて、診断から外れていく事例も多いです。


アスペルガー症候群の二割は成人すると診断から外れます。
これも、成長する過程で、発達のアンバランスが補われていったためです。


ですから、発達障害と呼ばずに、非定型発達という呼称にすべきだと専門家も言っているのです。
もはや、脳機能や遺伝の問題と片付けられないことが明らかです。


たとえ、その傾向がある子どもでも、適切な愛情を注げば、育て方を個性に応じたものにすれば、
すばらしい成長を遂げるのです。これは希望です。親の努力次第でいくらでも変わりうるのですから。


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

愛着障害と発達障害の関係関連ページ

発達障害を改善させるトレーニング
適切なトレーニングを行うことで発達障害はその発達の未熟な部分を補い改善させることができることがわかってきています。
愛着障害の分類
愛着障害にはいくつかの類型が存在しており、その差異についても明確にされています。
発達障害と親の愛情欠乏の関係
愛着障害があると、発達障害の問題点は大きくなる傾向があるのです。その意味で愛情と共感はぜひとも必要です。
家族療法で発達障害を緩和する
家族療法という心理療法で発達障害の子どもを癒す道もあります。
愛着障害を癒し発達障害を改善
いかにして愛着障害を防止し、発達障害を改善させればよいのでしょうか。
子育てと発達障害
子育ての仕方によって発達障害を緩和できたり、悪化させたりすることを知っていますか・
発達障害の子供を育てる鍵は両親
両親が変わらずに発達障害の子供だけを変えようとしても、それはできません。
愛情欠乏からおこる愛着障害
愛着障害は、「保護、愛情への希求を無視されたことに対する反応としての社会的関係性の障害] です。
オキシトシンと発達障害
アスペルガーや、ADHDの不注意や多動性は、東大医学部の研究によれば、オキシトシンの投与が効果があったそうです。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事