ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

発達障害を悪化させないためには家族療法も大切

うつ病の患者数が、初めて100万人を超えたことが厚生労働省の患者調査として発表されています。
また、発達障害、パーソナリティ障害、適応障害、パニック障害などの患者数も増加しているようです。
これは、精神科や心療内科を気軽に受診する人が増えたことも一つの原因です。


そのこと自体は良いことだと思います。うつ病を早期発見することで自殺を防止できることは明らかです。
ただ、発達障害、パーソナリティ障害(人格障害)は、精神障害ではありません。
この病名は診断する医師にとっては便利なものかもしれません。


しかし、診断されたほうは、「私は人格障害なんだ」「おれは発達障害なんだ」
と病気に逃げ込み、本来は、思考パターンを改善したり、
過去の出来事への解釈を改善したりすることで、
簡単に克服できていたものをいたずらに長引かせることも多いのです。




「家族神話」があなたをしばる―元気になるための家族療法 (生活人新書)


今回ご紹介する本『「家族神話」があなたをしばる』の著者、斉藤学先生は、
精神科医の立場から、はっきりとこのことを指摘されています。
患者のかかえる物語(人生のストーリー)を再構築(NLPでいうリフレイミンブ)
することで、患者は新しい勇気を得て、立ち直るということを主張されています。


斉藤先生のクリニックでは、こうした観点からのカウンセリングを実施しているそうです。
そして、「霊性」の向上が大切であると明言されています。
スピリチュアリティ(霊性)は、WHOの用語としても使われています。
こうした観点で患者を癒やす精神科医が増えることが必要ですね。


発達障害は、単なる発達のアンバランスであり人間の個性に過ぎない物なのです。
不得手な部分はゆっくり伸ばし、得意分野は積極的に伸ばし、生きやすい環境を
整えていけば改善します。そのためには家族の理解と協調が不可欠なのです。
家族療法で家族を癒し、発達障害の子を救うという道があることを知って下さい。


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

家族療法で発達障害を緩和する関連ページ

発達障害を改善させるトレーニング
適切なトレーニングを行うことで発達障害はその発達の未熟な部分を補い改善させることができることがわかってきています。
愛着障害の分類
愛着障害にはいくつかの類型が存在しており、その差異についても明確にされています。
発達障害と親の愛情欠乏の関係
愛着障害があると、発達障害の問題点は大きくなる傾向があるのです。その意味で愛情と共感はぜひとも必要です。
愛着障害と発達障害の関係
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
愛着障害を癒し発達障害を改善
いかにして愛着障害を防止し、発達障害を改善させればよいのでしょうか。
子育てと発達障害
子育ての仕方によって発達障害を緩和できたり、悪化させたりすることを知っていますか・
発達障害の子供を育てる鍵は両親
両親が変わらずに発達障害の子供だけを変えようとしても、それはできません。
愛情欠乏からおこる愛着障害
愛着障害は、「保護、愛情への希求を無視されたことに対する反応としての社会的関係性の障害] です。
オキシトシンと発達障害
アスペルガーや、ADHDの不注意や多動性は、東大医学部の研究によれば、オキシトシンの投与が効果があったそうです。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事