ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

発達障害と愛着障害の関係を理解する

発達障害は、脳機能の問題であると認識されてきました。
実際に脳機能の発達のアンバランスが発達障害であるといえます。


農薬の有機リンが食事から摂取されることで乳幼児や胎児の
脳神経の発達に乱れが生じて、発達障害が発生するということも明らかに
なりつつあります。


ところが、同じ発達障害の児童でも、その症状ゆえに両親に虐待されたり、
暴言、暴力などを受けるケースと、愛情深く育てられるケースに分かれます。


そして、両親からの愛情が不足したほうは、発達障害の症状がいっそう重くなります。
これは、発達障害の症状と愛着障害が関連しているためです。


一方、愛情深く共感的に育てられる発達障害の児童には、愛着障害は伴わない
わけですが、その結果、発達障害の症状もしだいに目立たなくなり、治癒していく
こともあるのです。


アスペルガー症候群の場合、成人すると診断基準を満たさなくなる事例も多いですが、
その多くは、愛着障害のない、共感的な愛情のある育てられ方をしていることが
わかっています。


幼い時期に愛情深く世話をされた子どもはオキシトシンの分泌が増加し、オキシトシン受容体もまた
増加します。その結果、親子関係や恋人との関係あるいは社会性における安定的な人間関係
を構築する能力が成長していくのです。


愛着障害においてはオキシトシン分泌も、受容体も低下していることがわかっており、
愛情深く共感的に育てることが、発達障害の改善の大きな要因になっているのです。


 

発達障害を改善させる鍵は愛着障害記事一覧

発達障害を改善させるトレーニング

発達障害、自閉症スペクトラムの患者に、オキシトシン点鼻薬を投与すると、コミュニケーション能力が改善したとする研究が米医師会雑誌に発表されました。東大医学部の研究報告です。つまり、発達障害のコミュニケーション能力の改善の鍵を握るのは、オキシトシンだということです。オキシトシンは、本来、脳下垂体後葉から...

≫続きを読む

愛着障害の分類

愛着障害とは、幼少期の両親、母親との愛情関係が健全に育まれなかったために、自我の成長において、障害をきたしたものです。この病態を最初に指摘したのは小児精神医学のJ・ボウルビイ医師でした。乳幼児の時期、生後六ヶ月から1歳半ぐらいまでの臨界期と呼ばれる時期には母親という特定の存在による絶対的な安心、安全...

≫続きを読む

発達障害と親の愛情欠乏の関係

発達障害は、親の愛情不足で起こるという主張をして騒ぎになったのが政治家の橋下徹氏でした。同様の主張は今も至るところで目にし、そのたびに炎上したり、騒ぎになっているようです。発達障害の発生の原因は、遺伝的なものであったり、妊娠中の農薬や有害物質などであったり、先天的な発達のアンバランスであるというのが...

≫続きを読む

家族療法で発達障害を緩和する

うつ病の患者数が、初めて100万人を超えたことが厚生労働省の患者調査として発表されています。また、発達障害、パーソナリティ障害、適応障害、パニック障害などの患者数も増加しているようです。これは、精神科や心療内科を気軽に受診する人が増えたことも一つの原因です。そのこと自体は良いことだと思います。うつ病...

≫続きを読む

愛着障害と発達障害の関係

発達障害と呼ばないで (幻冬舎新書)という本によると、精神科医や心療内科医などの医者は患者をすぐに「発達障害」と診断しますが、最新研究によると、その多くは真の発達障害ではなく、「愛着障害」にすぎないものが多いそうです。つまり「発達障害」と診断される人が増えていますが、実際には単なる「愛着障害」の可能...

≫続きを読む

愛着障害を癒し発達障害を改善

愛着障害と発達障害(ADHDやアスペルガー症候群)は強く関連しています。愛着障害の症状が発達障害に重なると、症状が悪化します。愛着障害は親子関係の葛藤でおこりますが、子供が発達障害であると、親はその対応に苦慮し、時に子供を放置し、あるいは責め、そのために、子供に愛着障害が発症します。あるいは、情緒不...

≫続きを読む

子育てと発達障害

小児科の大御所であり、幼児教育の権威である田下昌明先生の著書によると、古い子育て学がいかに間違っているのかがわかります。豊かな情緒と道徳心をもった良い子を育てる最短の方法がわかります。それは親の愛を与えることだったのです。子供を無条件に愛し、抱きしめ、微笑んで包み込む親の愛情こそが、子供の精神を高め...

≫続きを読む

発達障害の子供を育てる鍵は両親

発達障害の子に限らず、我が子に問題があると、その子供の問題を解決するために親が必死に動いて、さまざまな医療機関やカウンセラーの門を叩きます。その中には、一定の割合で、自分は変りたくない、子供だけを変えてくれという親がいます。医師やカウンセラーが、親を変えようとアドバイスすると、逆ギレしたりするのです...

≫続きを読む

愛情欠乏からおこる愛着障害

幼児期の愛情欠乏からおこるのが愛着障害です。愛着障害は、「保護、愛情への希求を無視されたことに対する反応としての社会的関係性の障害」と定義されています。幼児期の育児環境に由来するもので、両親からの愛情を十分に受けられなかった子供に発生します。夫婦の不仲や母子家庭で、子供への愛情不足が原因となって、愛...

≫続きを読む

オキシトシンと発達障害

発達障害については自閉症スペクトラムと呼称が変わるなど医療界も混乱しています。従来のアスペルガー症候群やADHDなどの呼称がすぐに消えるわけではないと思いますが、診断基準がころころ変わるのは困りものです。それもこれも、この疾患自体が、人間によるカテゴリーわけの産物であり、本来、病気だと定める必要のな...

≫続きを読む

スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事