ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

蒸留水精製は簡単

蒸留水精製器はすでに市販されていて、手軽に入手することができます。蒸留水健康法はすべての家庭に普及させることができます。市販されているのは、とても簡単につくることができる蒸留水精製器です。水を容器に入れて電源をオンにするだけで水を沸騰させて水蒸気をつくり、それを再び冷却して純水だけを取り出す仕組みです。蒸留水はアンチエイジングとデトックスに有効であり、若返りの水といわれています。蒸留水が働く仕組みは、飲んだときに、蒸留水が胃腸の細胞に有益な刺激を与えるからではないかといわれています。


蒸留水が吸収されてしまうと、体液に混じるわけですが、そのとき、有害物質を引き込んで排出を促進するともいわれています。また、デトックス作用の一貫として便秘解消に効果があります。蒸留水を料理や粉ミルク用やお茶用に使う分には、お腹を壊したりしません。蒸留水を大量にそのまま飲むときだけ、軟便になることもあります。そのときは飲む量を少なくするだけで改善します。飲んでいると肌がつるつるになってみずみずしくなり、また体調がとてもよくなるのが実感されます。慢性疲労気味の人にはその効果が特に実感されることでしょう。




メガホーム社製・蒸留水器<メガキャット>


熱中症予防には、蒸留水の中に塩分と糖分を加えるとよいです。蒸留水そのものには、塩分や糖分はふくまれていません。それどころか、蒸留水は純水であり、まじりけのない水です。不純物がいっさいありません。ミネラルもありません。それが蒸留水のデトックスの力のもとになっているのです。しかし、熱中症予防のときには、発汗で失われた塩分と消耗した糖分を補充する配慮が必要になります。そこで、蒸留水にひとつまみの塩と砂糖を加えればいいのです。


発達障害が有機リン系農薬やネオニコチノイド系農薬の影響で発症しているのではないかとする研究もありますので、野菜なども蒸留水につけておくとよいのです。蒸留水につけておくと、野菜の表面についている農薬が蒸留水のほうに溶け出して除去されます。いちごやブドウ、桃、ナシ、リンゴなどは農薬使用量も多い果物なので、蒸留水にしばらくひたして農薬を除去する方法はおすすめです。ほうれん草やなすび、トマトなどあらゆる野菜でも同じ方法で行えます。30分から60分ひたすだけでかなり効果があります。


 

スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

蒸留水の働き関連ページ

カドミウム汚染
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
小麦食品を減らすと発達障害は改善
ADHDや発達障害の不注意や多動性と小麦製品の摂取との関連が指摘されています。
グルテンアレルギー
最新の研究によれば、発達障害の原因もまた小麦のグルテンアレルギーが脳神経の発達を阻害したためといわれています。
胎児性アルコール・スペクトラム障害
妊娠中のアルコール摂取が発達障害の原因になります。
食事を変えると発達障害は改善
発達障害は食事療法で症状を緩和できる可能性があります。グルテン除去などの方法が知られています。
蒸留水健康法
蒸留水はデトックス効果にすぐれていると医師ブラウン・ランドーン博士は述べています。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事