ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

食事の工夫で発達障害の困った症状が緩和できる

マーガリン、洋菓子、市販のお菓子類、クッキー、ケーキ、ドーナツ、シリアル、
これらには、すべてトランス脂肪酸が含まれています。
トランス脂肪酸は人体に有害で、細胞膜に入り込んで、機能を乱します。


発達障害の症状を悪化させる食材の一つとして、
発達障害の食事療法でも避けるように指導されています。


脳機能を不安定にさせて、神経過敏にし、不安感、イライラ、
気力低下を誘発するのがトランス脂肪酸です。これと同じぐらい悪いのが、グルタミン酸です。
食品添加物としては、アミノ酸という名称で記載されていますが、中身はグルタミン酸です。


グルタミン酸やアスパルテームの中のアスパラギン酸は、
過剰に摂取すると脳内で、神経過敏、興奮、イライラ、情緒不安定をひきおこします。
発達障害の傾向がある人は特にこの影響が強く出ます。注意して、減らしていきましょう。


味の素、シマヤダシノモト、各種の調味料に含まれるので、
しょうゆなども、アミノ酸を含まない、有機しょうゆを使いましょう。


香料も石油から作られているものが多いので、脳機能を乱します。
石油を食べるなど、異常なことですが、缶コーヒーや缶ジュースなどに香料として含まれています。
バニラの香料であるバニリンも石油から作られています。天然のバニラではありません。


また、アルミニウムも脳機能を悪化させるものです。アルツハイマーの一因ともされています。
なので、アルミ缶、アルミ鍋、アルミのフライパンなどを使わないようにしましょう。微量でも溶け出ています。
和食を主体とし、乳製品と小麦製品を減らし添加物を減らしていくと、脳機能がよみがえります。

特に発達障害の食事療法では小麦のグルテンを避けるように指導されています。
グルテンフリーの食事にすると多くの発達障害の過敏な症状が緩和され、
落ち着きを取り戻すようです。


小麦のグルテンは腸壁から体内に入り込んでアレルギーを誘発して、そのアレルギーは
脳にも悪影響を及ぼし、過敏性、落ち着きのなさ、注意力散漫などを引き起こします。
小麦はあらゆるところに含まれているので除去は困難です。


米飯を中心として和食にするようにし、麺類を避けて、米と納豆など大豆食品と野菜、
海藻類、きのこ類などを食事としてとり、魚や肉類などもこれに含めます。
牛乳のカゼインも小麦と同様に好ましくないので、カゼインフリーつまり、乳製品も避けましょう。


 






スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

食事を変えると発達障害は改善関連ページ

カドミウム汚染
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
小麦食品を減らすと発達障害は改善
ADHDや発達障害の不注意や多動性と小麦製品の摂取との関連が指摘されています。
グルテンアレルギー
最新の研究によれば、発達障害の原因もまた小麦のグルテンアレルギーが脳神経の発達を阻害したためといわれています。
胎児性アルコール・スペクトラム障害
妊娠中のアルコール摂取が発達障害の原因になります。
蒸留水健康法
蒸留水はデトックス効果にすぐれていると医師ブラウン・ランドーン博士は述べています。
蒸留水の働き
蒸留水は体内のデトックスをしてくれます。純水である蒸留水には不純物は含まれず医療機関では精製水として注射溶液として活用されています。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事