ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

アルコールは胎児に発達障害を引き起こす

カナダでの研究によると、世界で、1000人に8人が、
胎児性アルコール・スペクトラム障害に罹患しているそうです。
毎年、妊娠中にアルコールを飲んだ女性から13人に1人の割合で
胎児性アルコール・スペクトラム障害の子を生んでいるのです。


胎児性アルコール・スペクトラム障害はアルコール関連の発達障害として
大きな問題となっています。
妊娠可能な年齢のすべての女性に、アルコール暴露による胎児への有害な影響について、
教育するべきであると、WHOも警告しています。


アルコールだけではなく、さまざまな物質が、胎児の脳神経に悪影響を与えます。
有機リン系農薬やネオニコチノイド系農薬が含有される野菜や果物を摂りすぎると、
胎児に発達障害が発生しやすいことはハーバード大学などの研究で明らかになっています。
妊婦が喫煙することも、胎児の脳に学習障害などの発達障害を起こすことが知られています。


こうした事実については、学校教育の場で早期に啓蒙していくことも大切です。
日本でも中高生を対象にこうした教育が行われるべきだといえるでしょう。
また、親になると子供をどう教育するべきなのかについて、学ぶ、親学なども必須でしょう。


親学の中でも肝要なのは、子供を愛着障害にしないための育て方の知識です。
愛着障害をともなうことで、発達障害は重篤になるといわれています。
母親や父親あるいはその役割を果たす保護者が、子供に共感的、受容的に接することの
大切さを学校教育の場で啓蒙することは重要なことなのです。


社会問題を克服したり緩和する鍵は学校教育の中にあります。
それぞれの家庭での教育を改善することも大事ですが、家庭に問題があったとしても
その不備を学校での教育と啓蒙が補うことは可能なのです。


発達障害、自閉症スペクトラム障害などの知識を啓蒙し、弱者への配慮や手助けができる
社会の枠組みを作るためにも、教育の役割は大きいのです。
まだまだ、日本の教育は、改良されるべきところが多いようです。


 

スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

胎児性アルコール・スペクトラム障害関連ページ

カドミウム汚染
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
小麦食品を減らすと発達障害は改善
ADHDや発達障害の不注意や多動性と小麦製品の摂取との関連が指摘されています。
グルテンアレルギー
最新の研究によれば、発達障害の原因もまた小麦のグルテンアレルギーが脳神経の発達を阻害したためといわれています。
食事を変えると発達障害は改善
発達障害は食事療法で症状を緩和できる可能性があります。グルテン除去などの方法が知られています。
蒸留水健康法
蒸留水はデトックス効果にすぐれていると医師ブラウン・ランドーン博士は述べています。
蒸留水の働き
蒸留水は体内のデトックスをしてくれます。純水である蒸留水には不純物は含まれず医療機関では精製水として注射溶液として活用されています。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事