ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

小麦グルテンは脳に有害で発達障害に関連している

小麦を原材料とする食材、乳製品を減らして、
穀物と野菜を中心にした食生活を送ることで、発達障害の症状が緩和することが
食事療法の研究者らの調査によってしだいに明らかになってきています。


発達障害の発症は、胎児の時期、そして乳幼児期の、小麦グルテンなどの
食物アレルギーがかかわっている可能性が指摘されはじめています。


胎児期であれば母親が、食べた乳製品や卵、そして小麦を減量とする食材が
大きな影響を与えているというのです。


また、乳幼児期の予防接種に含まれる水銀などの有害物質も、
脳へのアレルギー障害により発達障害の誘因になりうることが考察されています。


アレルギーの子どもをもつすべての親が小麦製品に注意を払う必要がありそうです。
食事療法で、多数の発達障害児がその症状が緩和しているということです。


アトピー体質は胎児期から作られるともいわれています。
胎児が、母親の食べている乳製品や卵、小麦製品、グルテンに
アレルギーをおこし、感作され、発生している場合があります。


また、離乳食を早くすることで、未熟な腸壁が炎症をおこし、
腸壁のバリアーが機能しなくなり、牛乳や卵のタンパク質や小麦グルテンが
腸を通過して血中に侵入して、アレルギーをおこすことがわかっています。


この腸壁の炎症をさけるには、牛乳や卵や小麦は一歳を過ぎるまでは
避けたほうがよいといわれています。


また母乳育児をできるだけ長く行うことが推奨されています。
母乳を与えるあいだは、母親は乳製品や小麦製品や卵製品を
避けるように食事に注意しましょう。またその場合は日光浴を増やしたり、
栄養面での注意を忘れないようにしましょう。


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

小麦食品を減らすと発達障害は改善関連ページ

カドミウム汚染
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
グルテンアレルギー
最新の研究によれば、発達障害の原因もまた小麦のグルテンアレルギーが脳神経の発達を阻害したためといわれています。
胎児性アルコール・スペクトラム障害
妊娠中のアルコール摂取が発達障害の原因になります。
食事を変えると発達障害は改善
発達障害は食事療法で症状を緩和できる可能性があります。グルテン除去などの方法が知られています。
蒸留水健康法
蒸留水はデトックス効果にすぐれていると医師ブラウン・ランドーン博士は述べています。
蒸留水の働き
蒸留水は体内のデトックスをしてくれます。純水である蒸留水には不純物は含まれず医療機関では精製水として注射溶液として活用されています。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事