ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

発達障害の子供が変わる食事

発達障害の問題となる症状の多くは、食事療法をていねいに行うことで驚くほど改善します。
この事実は、食事が脳機能に与える影響がたいへん大きいことを意味しています。


アメリカの発達障害児専門の栄養コンサルタントがまとめた最新の食事療法です。
この本によると、発達障害の子供にとってよくないものは、小麦中心の食事と乳製品中心の食事です。


日常の食事の中から小麦を原材料とするお菓子や麺類、パン類をまず除去し、
乳製品を原材料とする牛乳やヨーグルトやお菓子を除去します。


それだけで、発達障害の子どもの精神状態は安定して、落ち着きを取り戻します。
著者はアメリカ人ですが、日本人には、この食事療法はとても合っていると述べています。


というのは伝統的な日本の食事である和食を中心にすると自然に
小麦を原材料とする食材は減ります。また乳製品を原材料とする食材は減ります。


なので、和食中心にするだけでかなり効果があるとしています。
また、味噌類や大豆食品、漬物などは非常によい食材として推奨されています。


洋食のような日常の食事を和食に改めることは日本人なら簡単にできます。
特に小麦を減らすということは、簡単なことです。




 

発達障害を治す食事記事一覧

カドミウム汚染

中国産の米の10%がカドミウム汚染しているということです。カドミウムはイタイイタイ病の原因になる有害な重金属ですが、発達障害も誘発します。カドミウムは微量でも脳に悪影響があります。精神疾患の原因にもなるといわれています。米だけではなく、土壌汚染がひどい中国で生産されたあらゆる野菜や生薬なども信頼でき...

≫続きを読む

小麦食品を減らすと発達障害は改善

小麦を原材料とする食材、乳製品を減らして、穀物と野菜を中心にした食生活を送ることで、発達障害の症状が緩和することが食事療法の研究者らの調査によってしだいに明らかになってきています。発達障害の発症は、胎児の時期、そして乳幼児期の、小麦グルテンなどの食物アレルギーがかかわっている可能性が指摘されはじめて...

≫続きを読む

グルテンアレルギー

脳機能を狂わせる食材のひとつが小麦グルテンです。小麦アレルギーと思われる症状が急増しています。アトピー性皮膚炎や気管支喘息などで、ここ十数年で、小麦が原因とされるものが増えてきているのです。発達障害の原因もまた小麦のグルテンアレルギーが脳神経の発達を阻害したためといわれています。小麦といえば、人類が...

≫続きを読む

胎児性アルコール・スペクトラム障害

カナダでの研究によると、世界で、1000人に8人が、胎児性アルコール・スペクトラム障害に罹患しているそうです。毎年、妊娠中にアルコールを飲んだ女性から13人に1人の割合で胎児性アルコール・スペクトラム障害の子を生んでいるのです。胎児性アルコール・スペクトラム障害はアルコール関連の発達障害として大きな...

≫続きを読む

食事を変えると発達障害は改善

マーガリン、洋菓子、市販のお菓子類、クッキー、ケーキ、ドーナツ、シリアル、これらには、すべてトランス脂肪酸が含まれています。トランス脂肪酸は人体に有害で、細胞膜に入り込んで、機能を乱します。発達障害の症状を悪化させる食材の一つとして、発達障害の食事療法でも避けるように指導されています。脳機能を不安定...

≫続きを読む

蒸留水健康法

体内に蓄積する老廃物を除去する食生活はあらゆる健康の達成において必要です。心筋梗塞の危険因子として今までいわれてきたのは、喫煙、高血圧、糖尿病などです。ほかにも、女性の場合、閉経前後で女性ホルモンが減ることや、ストレスも原因のひとつと言われています。実は、今、ブームになってきている糖質制限ダイエット...

≫続きを読む

蒸留水の働き

蒸留水精製器はすでに市販されていて、手軽に入手することができます。蒸留水健康法はすべての家庭に普及させることができます。市販されているのは、とても簡単につくることができる蒸留水精製器です。水を容器に入れて電源をオンにするだけで水を沸騰させて水蒸気をつくり、それを再び冷却して純水だけを取り出す仕組みで...

≫続きを読む

スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事