ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

アレルギー症状を抑えるピクノジェノール

ピクノジェノールは、花粉症や、アレルギー性皮膚炎にも使うことができます。
抗アレルギー作用をもっているので、花粉症の症状を緩和させることができるのです。
ピクノジェノールは、プロアンソシアニジンほか40種類以上の有機酸を含有します。


ピクノジェノールは、天然の抗酸化物質であり、ビタミンCの20倍のパワーを持ちます。
抗酸化物質として体内の血管を守り、皮膚の損傷と老化を癒します。


この抗酸化作用で老化防止し、心臓病や脳血栓などを防止します。
ピクノジェノールはアレルギーを抑制する抗ヒスタミン作用をもっているので、
花粉症や、アレルギー性皮膚炎や、種々の関節炎にも緩和の作用を発揮するのです。


そもそもピクノジェノールは、ADHDやアスペルガーに良いということがわかるまでは、
糖尿病性網膜症や女性の月経不順、月経前症候群などに広く、活用されていました。
フランス海岸松の成分としてピクノジェノールが注目されるまでは、松の樹皮は
民間療法としてインデアンなどに広く使われていたのです


もともとはカナダ・ケベック地方のインディアンたちが、ハーブとして活用していました。
松の樹皮からの樹液を、薬として用いていたのです。


1535年、探検家カルティエは、船員を壊血病で失い、50人も瀕死の重傷で動けなくなりました。
そのとき、ケベックのインディアンから松の樹皮を煎じたお茶を与えられ、救われたのです。
このアネダというお茶で、重傷者も快癒したのです。


ケベック大学のマスカリー教授は、このエピソードから四百年を経て、
フランス海岸松の樹皮にフラボノイドが多量に含まれることを発見します。
この成分が、インデアンの使う、アネダという松の樹皮の成分に酷似していたのです。
これをピクノジェノールと名づけ、効果効能を研究しました。


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

ピクノジェノールは花粉症に関連ページ

フランス海岸松
ピクノジェノールはフランス海岸松の樹脂からつくられます。
ピクノジェノールで落ち着きが
ピクノジェノールの働きは、脳の興奮をおさせて、神経の過敏さを和らげている可能性が指摘されています。
脳の興奮を鎮めるピクノジェノール
ピクノジェノールは脳神経の興奮を鎮めることでADHDの不注意や多動性を緩和しています。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事