ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

松は古くから生薬として利用されてきた

アメリカインデアンは、松の樹皮から薬用茶を作り、健康管理に役立てていました。
この民間療法を知った白人研究者がフランス海岸松にも同じ薬効があることを見出しました。
これがピクノジェノールがフランスを中心に広く民間療法に使われるようになった経緯です。


フランス海岸松の樹皮からとれるピクノジェノールは、花粉症やアレルギーにもよいとされています。
ピクノジェノールは多様な薬理作用があって、心臓病や糖尿病の改善にも有益であり、、
子宮内膜症や子宮筋腫の改善にも助けになるとされ、古くから利用されてきました。


最近では脳機能への好影響もあることがわかり、自閉症やADHD、アスペルガー症候群の
子供の症状緩和にもよいとされて、欧米で使われるようになってきています。


花粉症をはじめとするアレルギーの緩和にも有益だとされています。ピクノジェノールもまたポリフェノールの
一種ですが、体内では有害なアレルギー反応を抑制するのではないかといわれています。


ピクノジェノールはこのように抗アレルギー作用だけではなく、脳神経の過興奮を鎮める作用もあるので、
発達障害の傾向のある子どもや、月経前緊張症、子宮内膜症、子宮筋腫などの慢性疾患に対して
長期にわたって健康食品として服用することで、メンタルの面でも安定をもたらし、
安心感を育てるといったことも期待されています。


それゆえに、このような疾患の傾向がある人においては、ピクノジェノールを試してみると
健康増進の上で助けになる可能性が高いと思われます。
メンタルの面で落ち着きを取り戻して、心身を安定させてくれるので、花粉症だけではなく
健康増進をめざして広く、活用していくべきものだといえるでしょう。


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

フランス海岸松関連ページ

ピクノジェノールは花粉症に
ピクノジェノールの服用でADHDの不注意や多動性などが改善したとの研究結果が出されています。
ピクノジェノールで落ち着きが
ピクノジェノールの働きは、脳の興奮をおさせて、神経の過敏さを和らげている可能性が指摘されています。
脳の興奮を鎮めるピクノジェノール
ピクノジェノールは脳神経の興奮を鎮めることでADHDの不注意や多動性を緩和しています。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事