ピクノジェノールは脳機能改善も期待できるサプリ


スポンサード リンク

ピクノジェノールは、ADHDやアスペルガーに効くのか?

発達障害とは、脳機能の発達が不十分なもので、
ADHD、アスペルガー症候群、学習障害(LD)などが知られています。
そして、これらの疾患に特徴的なものは、ADHDで特に多い、
不注意や多動性、落ち着きの無さ、アスペルガーでは、対人関係の難しさです。


こういった脳の発達障害に由来するいろいろな症状に
ピクノジェノールが効果的であるとする医学研究論文が複数発表されています。


そしてそれに基づき、欧米ではすでに医療の臨床で、
ピクノジェノールをこういった疾患に応用しています。
日本では、ピクノジェノールは健康食品扱いであり、
サプリメントとして入手ができる状況であり、これを推奨する医師もいます。


例えば、 『発達障害に気づかない大人たち』 などの著書で知られる、
精神科医、星野仁彦氏もピクノジェノールを推奨している医師の一人です。


フランス海岸松の樹皮から抽出される成分である
ピクノジェノールを飲み始めてから、落ち着きが出てきた、
不注意が軽減したといった事例も学会に症例報告されています。


現在、さまざまなピクノジェノールのサプリメントが市販されており、
手軽に入手できるようになってきています。
また、ピクノジェノールには、これ以外にも、さまざまな健康効果があります。


もともとは、糖尿病性網膜症や、心臓疾患などの動脈硬化性の疾患への
民間療法に使われていたものであり、子宮内膜症や子宮筋腫などの女性特有の
病気への効果もあることが知られています。


これはピクノジェノールを服用し続けることで慢性疾患を予防、改善し、
体を健やかにし、若返らせる効果もあることを示唆しています。


ピクノジェノール以外にも、脳機能を高めたり安定させたりする食品中の成分が
判明しています。特に、良いのが、ホスファチジルセリン、DHA・EPAなどの脳機能を
高める成分です。ホスファチジルセリンは、特に重要な働きを持っているといわれています。
学習アップサプリメント【Dr.Dekisugi】




DHAやEPAは魚に含まれていることは有名ですが、ホスファチジルセリンは大豆に含まれています。
ただし、食事からだけでは十分な量が取れないとされる成分でもあります。
大豆などの豆類には、脳細胞をきれいにする「スペルミジン」というポリアミンも豊富に含まれています。
食事の工夫やサプリメントの活用などで、これらの成分を補うことも良い対策になるでしょう。


 
スポンサード リンク





  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

ピクノジェノール効果 ピクノジェノールとADHD ADHD アスペルガー症候群 大人の発達障害 発達障害を治す食事